勝原少年サッカークラブ
 
サッカー指導方針
 

子供の成長とサッカー指導

下の図は、子供の成長とともにどのような能力が発達するかを表したグラフです。
小学校の年代、6歳から12歳までの子供の場合、神経系の発達が著しく、持久力、筋力というのは中学生、高校生 の年代になって発達してきます。

 
スキャモンの発育曲線

日本サッカー協会トレセン制度の中でも、10歳から12歳を 「ゴールデンエイジ」と呼び、”スキル習得に最も有利な時期”と位置づけし、「個を光らせる(パーフェクトスキルの習得時期)」というテーマを掲げています。

日本サッカー協会トレセン制度のページ
http://www.jfa.or.jp/training/training_center/index.html


勝原SCでは、このような科学的な根拠に基づき、リフティングやドリブル、いろいろなフェイントなど、主に技術的な能力向上を目指した指導を中心に行っています。