勝原少年サッカークラブ
 

試合前の食事


試合前の食事は、炭水化物を多めに・・・

日頃、バランスのとれた食事をすることは基本中の基本で、
試合前と言ってもバランスに気をつけて頂くことが何より大切です。

これを踏まえたうえで、大事な試合当日に途中でエネルギー不足にならないように、
試合の3日位前から炭水化物を多めに摂るように心がけると効果あると言われています。

これは、マラソンランナーなどが行う、カーボローディングと同じ考えです。
運動をする際の直接的なエネルギー源は、グリコーゲンです。
カーボローディングは、グリコーゲンの元となる炭水化物を多めに摂り、試合前に体内に蓄積させておく食事法です。
ご飯は食べてから1日から2日後にエネルギーになると言われていますので、試合の2、3日前からご飯や麺類、パスタなどを多めに食べると試合当日にはエネルギーが体内に多く蓄積され試合当日にバテにくくなるという事です。

インターネットで検索するともっと専門的な方法がありますが、小学生の場合には、はっきり言ってお勧めできません。
むしろ、楽しく食事を一杯食べてもらう方が効果的だと思います。
いつもの食事に、うどんやパスタなどお子様が好みそうな物を1品追加するなど工夫してみてはいかがでしょうか。

食事と睡眠をしっかりとって試合に臨みましょう!



【カーボローディングの参考サイト】

ウィキペディア 「カーボローディング」

RUNNET カーボローディング

日清ファルマ株式会社 カーボローディング講座
パスタのレシピもあり、料理の参考にもなります。

パスタでカーボローディング